Case

40代必見!髪がパサパサになる原因は!?あなたの髪をツヤツヤに改善する方法お教えします!!東京都世田谷区(千歳烏山)HAIR AXCIS

2021.04.20

皆さんこんにちは♪

AXCISの村山です♪

40代以降のお客様からはよくこんなお声が聞かれます。

「以前はシャンプーだけでもツヤツヤ、サラサラだったのに、最近はパサつきやクセ、うねりが出てくる白髪や抜け毛など、髪質が変わりました。何をしてもパサついている髪にすっかり自信をなくし、若い頃していた髪型しても、違和感がある・・・。」

他にも・・・

  • 「昔はツヤツヤのストレートヘアだったはずなのに、気付いたらウネウネ・パサパサな髪になった。」
  • 「髪質が変わった?パサパサでツヤがなくなった気がする。」
  • 「急にくせ毛になった。」
  • 「オイルや流さないトリートメントを付けてもパサついたまま、ツヤが出ない」
  • 「ツヤツヤな髪質に改善したい。」

このようなお声が届きましたが、同感される方多いのではないでしょうか?

この記事はヘアケアの専門家の美容師が本気で全力で伝える

「40代、加齢に伴うパサパサ髪はこの方法で綺麗に改善する方法!」になっております。

もしあなたの髪の毛が今現在、パサパサしてしまっていて気になっているとすれば、お役に立てると情報だと思いますので最後までお読み頂けると幸いです。

あなたの髪がパサパサの原因は!?あなたの髪を綺麗に改善する方法

髪がパサパサしてしまう原因は、一つとは限りません。

考えられる原因は以下のようにいくつかあります。

まず解説をする上でこちらは覚えておいてください。

・髪は死んでいる細胞。
・傷(痛)んだ髪は治らない・再生しない。
・髪は「後からどんなケアをするか」ではなく「いかに傷(痛)ませないか」が重要。

ということを前提に解説していきます。

「なぜ髪がパサパサになってしまうのか?」7つの原因

原因1 加齢に伴い痛みやすい、やせ細った髪が生えるようになる

髪のツヤやハリ・コシは年齢を重ねると髪質に変化が出てきます。

女性の方では30歳になると、髪の成長のピークを越え、あとは弱く・細くなってきます。

さらに髪のツヤや潤いを保つ重要な保湿成分「セラミド」は、40代になると20代の半分以下にまで減少してしまいます。

年齢を重ねるごとに毛根にある毛母細胞と呼ばれる髪を作る細胞が弱まり、髪が細くなったり、ボリュームが出にくくなったり、髪が薄くなっていきます。

原因は頭皮の乾燥からくる血流不足や栄養不足、遺伝や老化です。

その為、若い頃はツヤツヤでしなやかな潤いのある元気な髪だったのが、だんだん栄養が不足し、乾燥したようなパサパサなツヤの無い、細くボリュームの無い髪が生えるようになります。

原因2 日々の生活で受ける髪へのダメージ

髪は

  • 正しくないシャンプー方法や剤による摩擦や成分
  • 過度のドライヤーの熱
  • 繰り返されるアイロンやコテの熱や圧力
  • 寝ている時の枕の摩擦
  • 紫外線
  • 帽子を被った時の摩擦
  • カラーリングやパーマなどの薬剤

などの、髪がダメージを受けない瞬間は無いのではないのか?と思えるほど、髪はダメージを受けています。

これらを最小限に食い止めつつ効果的なケアで髪の状態を良くするのが、一番の対策です。

原因3 すぐ伸びてくる白髪を染めるセルフカラーの繰り返しで髪が傷んでいる

40代50代と年齢を重ねると髪の悩みは増えてくるもの。

髪が薄くなったりパサつくだけでなく、白髪も増えてきます。

せっかく足元から全身綺麗にしていても生え際に白髪が見えるなんて、絶対に嫌ですよね。

40代になると顔周りの白髪が増え、白髪染めを頻繁にする方が増えると思います。
早い方で2週間~1か月くらいでしょうか?

さらに、サロンに行く時間がなくて自分でホームカラー、セルフカラーをされる方は要注意!!

好きな時間に出来て、安い金額で買える、市販のセルフカラーは極端な話「誰にでも染まるよう」出来ています。

70代の細い髪質の女性も染められて、10代の元気な髪質の若白髪に悩む男の子も染められなければなりません。

ですので、

市販のカラー剤のパワーはすごく強いんです。

カラー剤のパワーが少なくても良い方でも、強いパワーで染めることになります。
先述しましたが、過度のパワーのカラー剤は髪を痛ませる原因です。

そしてセルフカラーの白髪染めは普通のカラー剤と比べて染料も濃く、痛んでいる毛先は暗くなりやすく、地肌は黒くなりやすいので、要注意です!

根本は薄く、毛先は真っ黒。もしくは不自然なほど全体真っ黒な、いかにも「白髪染めした感」のある仕上がりになりやすいです。

さらに1〜2ヶ月に1度、根元から毛先まで全体をセルフカラーで白髪染めなんてしていたら、
髪の毛のタンパク質が流れていき、表面のキューティクルが剥がれ髪は激しく痛み、パサパサになります。

不自然な仕上がり、パサパサでまとまらない上に、ゴワゴワかテロテロのような脆い、修正不可・修復不可・改善不可な髪になってしまいます。

原因4 生まれ持った髪質や生え癖

髪質や生え癖は10人10色。細かいところまで見ると全く同じ髪質や生え癖の人はいません。

人種別にイメージするとわかりやすいと思いますが、
ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ系の方の
髪質はみんなそれぞれ違います。なんとなくわかります・・・よね?

色も太さも強さも変化の仕方も違います。
日本人の中だけでも同じように、皆違うのです。

つまり

「髪がパサパサしやすい人」と「髪がパサパサしづらい人」がいます。

髪がパサパサしやすい人が、完全にパサパサしづらい髪質を手に入れようとしても、これは難しいです。
ダイエットをしても痩せやすい人、痩せづらい人がいたり、そもそも太りづらい人がいるのと同じです。

自分の髪質を受け入れて、出来る改善策を取って頂くのが最良かと思います。

原因5 ホームケアシャンプーやトリートメントが髪質と頭皮に合っていない

シャンプーが合っていないと髪がベタついてボリュームが出にくくなったり、洗浄力が強過ぎて髪や頭皮がパサパサ・カサカサになる事がよくあります。

洗浄力が強過ぎて頭皮から必要な皮脂をとりすぎてしまい、頭皮が乾燥したり、ヘアカラーが早く色落ちしてしまったり、それによって白髪や明るい髪が気になって、また全体カラーを繰り返す、負の連鎖が起こってしまいます。

安価で大量生産が可能な市販のシャンプーだと「石油系」を原材料に含むシャンプーも多いです。

安価で泡立ちも良いのですが、洗浄力も強過ぎて必要な皮脂を落としすぎる事も多いです。

シャンプーは毎日使うからこそ髪や頭皮に与える影響は「チリも積もれば山となる」そのもの。

一度の使用ではさほど影響は出ませんが、毎日使い続けることで、あなたの髪や頭皮に大きな影響を与えることになります。

「毎日使うものだからこそ、本当に良いものを使って頂きたい」です、髪は女性の命ですから。

原因6 髪・頭皮・お肌、全ての天敵「乾燥」

髪の乾燥には様々な原因があります。

加齢によって「潤いのない頭皮」から「保湿成分の少ない髪」が生えてきます。
そこに追討ちをかけるようにドライヤーやアイロン、コテなどの過度の熱による乾燥。紫外線ダメージ・エアコンの風直撃による空気の乾燥乾燥などにより

髪の保湿成分や、水分のない、艶の無いパサパサ髪の状態に。

間違ったシャンプーやタオルドライ、コテやアイロンも乾燥やダメージの原因になります。

髪や爪は卵と同じ「タンパク質」で出来ています。

コテやアイロンなどの高温を長い時間髪の同じ場所にに当て続けてしまうと、このタンパク質が焦げて、髪が硬くなり、しなやかさや柔らかさが無くなります。

目玉焼きも焦げるとパサパサですもんね。

一時的には綺麗に見えますが、髪自体は過度の乾燥とダメージにさらされています。

シャンプーやタオルドライの正しい方法は後述します。

原因7 頭皮がたるみ、毛穴が歪み、後天性のクセ毛になってパサついて見える

40代になると肌の毛穴がたるむように、頭皮の毛穴もたるみがちになります。

人間の頭と顔は、同じ一枚の皮で出来ています。
お顔の毛穴が開くと、たるむように頭皮の毛穴もたるみ、全身のたるみにも繋がります。

毛穴がたるんでいるということになり、髪の毛の断面が丸い断面ではなく断面もねじ曲がります。

そこから生えてくる髪の毛は根元からねじ曲がり、ウネウネのくせ毛になってしまうんです。

毛穴がたるんでいる=毛穴が歪む=毛も曲がる、くせ毛になる

これが年齢を重ねてから、くせ毛になる「後天性のくせ毛」の原因の一つです。

ウネウネの髪の毛は光をキレイに反射してくれないため、パサパサの髪に見えてしまいます。

若い頃にはあった「天使の輪」が無くなるのはそういうことも原因の一つです。

ここまでは原因編でした。ここから改善編です!

原因編はいかがでしたでしょうか?

40代から気になり始めた髪のパサパサ、該当する原因がありましたか!?

該当する原因がわかった方は、パサつく原因を改善していくことで美髪に改善していくことができるはずです。

しっかりケアを行い早期に改善、そして予防していきましょう。

 

パサパサの改善方法は、大きくわけて二つです!

1.ご自宅ケア編「ホームケアで改善」
2.美容院ケア編「サロンケアで改善」

の2つです。

まずは、ご自宅ケア編「ホームケアの改善方法」からご案内いたします!

 

髪のパサパサを改善する「ホームケア4つの方法」

美容室に行って、トリートメントやヘッドスパをしたりパサパサに見えにくいカットや施術をするという方法が一番です!

ですが、実は毎日のホームケアも、ものすごく重要です。

間違ったホームケアを続けていると、どんなにサロンケアをしていても髪のパサパサは改善されません。

ホームケアとサロンケア、Wでパサパサ髪を改善するへアケアをご紹介させて頂きます。

ホームケア対策1 そのシャンプー今の貴方の髪に合っていますか?


髪質は人によって様々、さらに年齢によって髪質や頭皮も変わるし、パーマやカラーの状態によっても変わってきます。

今の自分の髪や頭皮に合っていないシャンプーのせいで、髪がパサパサになるということもあり得ます。

シャンプーを選ぶ際に基本的な事として

  • 洗浄力が強すぎないもの→石油系・高級アルコール系はNG
  • 保湿力の高いアミノ酸が入っているもの

がオススメです!

【石油系・高級アルコール系シャンプー何故NGなのか?】

シャンプーの容器裏面の内容成分表示欄に「ラウリル硫酸Na、ラウレス塩酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩、などと記載されているシャンプーは「石油系シャンプー」と分類されます。

また「高級アルコール系界面活性剤」とも呼ばれますが、「石油系=高級アルコール系」です。

ちなみに、高級というのは「高価」なわけではなく「分子が大きい」という意味です。

市販のシャンプーはほとんどコレです。

・メリット 低価格で泡立ちがいい
・デメリット 洗浄力が強すぎて、髪の必要な油分まで奪ってしまい、髪が乾燥したり、痛みやすかったり、広がりやすくなったり、とパサパサの原因になります。

頭皮の必要な油分も奪ってしまうので、カサカサになったり、逆に皮脂が過剰に出てしまったり、頭皮ケアにも悪影響です。

なのでアトピーやお肌が弱い方もおススメしません。

【アミノ酸系シャンプーが何故良いのか?】

人の髪はアミノ酸で出来ています。

しかし、日ごろの髪へのダメージや加齢によりこのアミノ酸が流出していきます。ここにアミノ酸を補給してくれるのがアミノ酸系シャンプーです。そして洗浄力も強すぎず、正しい使い方をすれば頭皮に必要な皮脂は残してくれます。ですのでお肌が弱い方やアレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

アミノ酸系は美容室専売が多いです。

・メリット 髪へのアミノ酸の栄浪補給 洗浄力も強すぎないので、髪や頭皮に優しい お肌が弱い・敏感肌の方も安心 
・デメリット 値段がやや高い

美容室専売のシャンプー=値段が高い、というイメージの方も多いと思いますが、理由はこれです。

アミノ酸系シャンプーは原材料が高い為、コストは石油系に比べたらかかります。

しかし髪や頭皮を優しく洗い、パサパサの原因にもならず、誰でも安心して使える、というのは、魅力的ではありませんか?

もしご自身に合うシャンプーがわからなければ、信頼のおける美容師さんに聞いてみることが一番だと思います。

 

ホームケア対策2 洗い方も重要です!

  • 毛先まで巻き込んでガシガシ洗っていませんか?
  • 爪を立てて洗っていませんか?

毛先まで巻き込んでガシガシ洗うと、毛先の絡まりやもつれ、切れ毛の原因になりますので、基本は頭皮を優しくもみ洗い、マッサージするように洗い、流れた泡で毛先の汚れを落とすイメージが良いかと思います。

爪を立てて洗うと頭皮に引っかき傷をつけてしまうかもしれません。ですので、指の腹で優しく洗ってあげて下さい。

自分でするシャンプー=ヘッドマッサージでパサパサ髪も改善する、をいうイメージの方がいいかもしれませんね。

そうすれば髪や頭皮に優しい、パサパサ髪を改善に繋がるシャンプーが出来ると思います。

 

ホームケア対策3 ドライヤー前に洗い流さないトリートメントを使う

髪の毛がパサパサになる大きな原因の一つが「乾燥」。

お肌に保湿ケアをするように、髪もシャンプー後やドライヤーの前後は洗い流さないトリートメントで保湿ケアをすることでパサパサ対策が出来ます。

・オイル
・クリーム
・乳液
・リキッド

などいろんなタイプがあるので、ドライヤー前にも使えるモノがベストです!

コテやアイロンを使う方は必須!でお願い致します!!
ドライヤー以上に過度の熱ダメージが髪に蓄積されていきますので。

*こちらの記事もご参考に→あなたに合うベストの洗い流さないトリートメントは?

ここで注意なのが、「貴方の髪への使用料」です。
つけすぎ、つけなさすぎ、どちらもキチンと最大限の効果を発揮してくれません。

大切なのは「今の貴方の髪に必要な量」の目安や使い方を理解する必要があります。

  • どこからつけて、どのくらいの量をどのタイミングでつければいいのか?
  • ドライヤーの前?後?両方つけていいの?
  • 何プッシュつければいいのか?
  • 根本?毛先?どこにつければいいの?

髪がパサパサするのが嫌だからと言って、つけすぎるとベタっとしてしまったり、乾きづらくなったりします。

「必要なところに必要な分だけ使う」のがオススメです。

わからなければ信頼している美容師さんに細かくレクチャーしてもらいましょう。

 

ホームケア対策4 ドライヤーのかけ方を見直す

  • せっかくヘアケアしようとして毎日のドライヤーしていても、かけ過ぎで髪がパサパサになっていくのは避けたい!
  • 乾くまで時間かかるし面倒!!

そこで、髪を早く・効率よく乾かすには

【タオルドライがすごく重要です!】
1 タオルで根元付近の水分をしっかりとります

乱暴に強くゴシゴシ拭くのはNGです。あくまで優しく、濡れている時髪は裸の状態。特に痛みやすい状態でもあります。
タオル越しに頭皮を揉む、マッサージするような感じで優しく水分をとって下さい。

ここをしっかりしてあげると、ドライヤーの時間が5分~10分は変わりますよ!

その後は毛先も同様に優しく水分をとります。

2 あまり近くからドライヤーの風をあてない!

頭皮も熱いし、髪や頭皮への乾燥にも繋がります。ドライヤーを持った腕を伸ばし、手首を振るようにドライヤーの風を前後左右様々な方向から当ててあげて下さい。

3 前髪→根本を最初に乾かします。

前髪は弱風で、最初に。
「髪型はその人の印象の7割、前髪はさらにそのうちの7割を決める」と言われています。
特に前髪や生え際は生え癖やクセの出やすいポイントで、乾いた後では修正しづらい箇所なので、最優先に乾かしたいところです。

4 根本→毛先と乾かしたら最後の仕上げは冷風モードを使いましょう。

全体の根元が乾いてきたら、根元付近の髪を指で挟み、ドライヤーとセットで挟んだ髪を伸ばすように、毛先まで軽く引っ張ってあげて下さい。

「髪は熱を与えるとクセや形がつき、冷えると固まる」という習性があるので、最後は髪の余熱が冷めるくらいまで、ドライヤーを上から弱風で冷ますと、髪の表面のキューティクルが収まり、パサつきがおさまり、艶がでますよ!

ちなみに自然乾燥は髪に含まれる水分が逃げてしまうのでパサパサ改善したい方はNGです!ドライヤー必須です。
さらに根元に菌が繁殖して、臭いの原因になったりもします。

このようなホームケアを気をつけも全然ダメ、出来ない、改善されない、という方は是非プロのサロンケアに頼って下さい。

 

髪のパサパサを改善する「サロンケア4つの方法」

それでは続いてサロンケア編です!

つまり髪のプロである美容院で行う「パサパサ髪を改善する方法」です。

 

サロンケアで改善1:リラックス&リフレッシュの極上のヘッドスパ

ヘッドスパはリフレッシュ&リラックス、そしてパサパサ髪改善には必須です。

先述もしましたが、頭皮の乾燥や加齢からくるリンパ・血行不良によって綺麗な髪が伸びづらくなります→髪がパサパサする原因です。

頭皮のリンパや血行を促進してあげる事で、パサパサ髪の毛の改善・エイジング・さらには頭皮やお顔のたるみを食い止める効果があります。

結果、年齢によって変化する髪のパサつき、髪のうねりや乾燥、ハリコシ、ツヤまでにも効果があり、頭皮の血行を良くするヘッドスパはパサパサ髪の改善にはとても効果的なのです。
頻度は【月に一回】がオススメです。

現代人はスマホにネット、目・耳・頭と、多くの情報に支配され、肉体的。精神的にストレス過多といわれています。

縄文人の頃から、そこまで姿かたちが変わっていない人間には限界が来ています。

日々皆さん頑張りすぎですからね。

 

サロンケアで改善2:効果抜群のヘアエステトリートメント

どんなに痛まないといわれているヘアカラーやパーマも薬剤による髪への影響はゼロではありません。

10年前に比べたら、良い薬剤が出てきましたが、少なからずダメージを感じやすい方もいらっしゃるかと思います。

ダメージはトリートメントでケアせずに放置してしまうと髪から栄養が流出してしまい、髪の毛がパサパサになりやすくなってしまうので、トリートメントによるヘアケアは確実に必要である、と思ってください。


その頻度ですが、サロントリートメントも【月に一回】。

そして【ホームケアトリートメントは毎日】です。

何故かというと、ホームケアの本来の役割は

美容室で月に一度本格的なトリートメント、美髪にチェンジできても、それを長く持続させるためには、ご自宅での毎日のホームケアトリートメントをして頂くのが一番効果的です。

よくあることなのですが、ご自宅では毎日、リンスやコンディショナーして、美容室に行く時だけカラーとトリートメントをするという方がいらっしゃいます。

悪いことではありません。

トリートメントの重要性に気づいて頂けているだけ意識も感心も高いと思われます。
これだけでも良い方もいらっしゃいますが、中にはヘアカラーを頻繁にされていて髪の毛がパサパサしやすい方、くせ毛でツヤが出づらい方、元々パサパサしやすい方であれば、ご自宅ではリンスやコンディショナーよりも、ホームケアトリートメントでケアしてあげてください。

リンスやコンディショナーは髪を包むコーティングのような役割なので、カラーやパーマの薬剤の影響で失った水分や栄養素を入れる効果はありません。

まとまりや扱いやすさ、パサパサ防止の髪の毛本来のツヤなどは、トリートメントで髪の毛の中身のに栄養を補給してあげる方が髪の毛のパサパサの改善につながります。

実際にサロンケアと日々のホームケアを数カ月行うと、見違える程に髪の状態は良くなっていると思います。

詳しくは下記のページをご覧下さい。

6ヵ月の髪質改善の結果レポート「50代女性S様の事例」

 

サロンケアで改善3:パサパサ髪に見えないヘアカラーの色や施術後のアフターケア

,

パサパサ髪に見えづらいヘアカラーは、暖色系(ブラウン、レッド、ピンクなど)か暗めの色(ブルージュやネイビーアッシュ、ボルドーパープル、など)がオススメです。

明るい髪や退色した黄色やオレンジのような髪色の方がパサパサに見えやすいので、ヘアカラーは暗いとツヤが出やすく、パサパサに見えづらいです。

そして髪のトリートメント&ヘッドスパは必須です!

このケアをしてあげる事で、より長い期間、パサパサが目立たないと思います。

あとは先述した↑ご自宅でのホームケア+ヘアカラー後は2、3日は頭を洗う際、流す際は気持ち2〜3℃下げて、ぬるめで洗うとヘアカラーの褪色を防げますよ。

Q【その後、一度根元から毛先まで暗めに染めた髪が、1、2か月過ぎて根元の髪が伸びてきた時どうするか?】
A→伸びてきた髪が2、3センチまでの間に、リタッチ(新しく生えてきた一度も染めていない部分だけを染める技術)で染めてもらいましょう。そしてトリートメント+ヘッドスパ!

これだけであなたの毛先の髪は過度のヘアカラーのケミカルダメージから守られますが、ずっとリタッチだけしていればパサパサ髪は綺麗になるのか?と言うと、そうではありません。

リタッチだけを繰り返していると、毛先は日々のシャンプーや熱や摩擦で色素も栄養も抜け、髪の毛の中がスカスカ・見た目もパサパサになってしまいます。

見た目だけでなく、軽くなりすぎてフワフワ・パサパサ髪は、ヘアスタイルもまとまりづらくなってしまいます。

ですので、リタッチをされる時も、毛先へのトリートメント・頭皮ケアのヘッドスパは必須です。

 

サロンケアで改善4:縮毛矯正でパサパサ髪を改善

毛量が多くて膨らんでいたり、ブリーチやダメージ過多によるパサパサにお悩みの方は、髪質改善トリートメントやホームケアを変えるだけでも対応できる方も多いと思います。

それでもパサパサ髪が改善されない方は、一度縮毛矯正されるのもおススメです!

縮毛矯正をする・しないの目安は、

  • チリチリ・パサパサのくせ毛
  • うねりのあるパサパサのくせ毛
  • ストレートスタイルが好き、したい!

の方は縮毛矯正されても良いと思います。

パサパサ髪をどんなケアをしてもチリチリのくせ毛をツヤツヤに見せることは難しいです。
それならばストレートスタイルにしてしまったほうが、パサパサ髪からツヤツヤのサラサラ髪になり、綺麗になりますよ。
そしてその後はトリートメントのアフターケア、必須です!

ただ、縮毛矯正はサラサラ髪にもなりますが、使うお薬は美容室で取り扱う薬品の中でも一番髪にダメージを与える可能性のあるお薬です。

さらにアイロン操作を間違うと髪へ過度の熱ダメージを与えるなど、リスクも大きいです。美容師さんに求められる技術レベルや経験値も多い方の方がいいです。

なので、お店や美容師さん選びはしっかりされた方がいいと思います。

選ぶお店の目安は、

  • お店や美容師さんがHPやSNSでくせ毛や縮毛矯正の事例を出しているか。
  • お店や美容師さんがヘアケアも重要視しているか。

がポイントです!

一度縮毛矯正でクセを伸ばしたら、ダメージケアをしないと毛先のダメージなので、後々も毛先のきしみや枝毛で困ります。

アフターケアやヘアケアがしっかりされているお店がよろしいかと思います。

痛ませないよう、アフターのヘアケアも欠かさないようにして、パサパサ髪を改善し、ナチュラルストレートで綺麗な髪を維持していきましょう。

 

最後に事例の方をご紹介します。

AXCISでは薬剤に関して、噂や話題性だけでなく、スタッフ一人一人試し、厳選に厳選を重ね、お客様に喜んで頂ける「本当に良いモノのみ」を見つけ、ご提供させて頂いております。

こちらの方は今回のブログのテーマと同じく「パサパサ髪」に悩まれておりました。

元々くせ毛もありつつ、年々パサつきがひどくなり、ただどう対応していいのかわからず、当店と出会い、当店の「髪質リニューアルプログラム」をされました。内容は

月に一度のサロントリートメント&ヘッドスパと、毎日のホームケアを6か月使用して頂きました。

ここまで変わりました!ご覧ください。

ビフォー

1か月後

2か月後

3か月後

4か月後(根本のみ縮毛矯正)

5か月後

6か月後

アフター

 

*毎月のように毛先の痛んでいるところのカット、4か月目に一度根本のみ縮毛矯正をしております。

これらの写真は全てノーアイロン、ブローのみです。

半年前/半年後

ここまでご覧いただいて、いかにホームケアとサロントリートメントが大切なのか、感じていただけましたでしょうか?
この他にも、もっとすごいお悩みの方たちも掲載させておりますので、良かったらご覧ください。

→半年に及ぶ髪質改善レポート 「生え際のくせ毛」編

→半年に及ぶ髪質改善レポート 「髪の乾燥によるくせ毛」編

 

〜まとめ〜髪がパサパサ・・・髪の変化を感じ改善されたい全ての女性へ

40代になり、

「今まで当たり前にツヤツヤの髪が当たり前で無くなってきた」

「いつも髪がパサパサ・・・気にしていなかった事を気にしないといけなくなってきた。」

時間による変化は誰にでも平等にやってきます。パサパサ髪も同様です。

それに対して柔軟に対応していくのか?今までと変わらずに同じ事を繰り返していくだけなのか?

選択一つ、行動一つで今後のご自身が変わってきます。

この記事を読んでくださった貴方は少なくとも髪の変化を感じ、何かしらのアクションを起こしかけています。このままこの記事を読んで終わるのか?この後、行動して変わりつつあるご自身に対応し、未来の自分を変えるのか?

少なくともAXCIS には実績と経験があり、そんな貴方を全力でサポートさせて頂きます。

AXCISでは「髪を痛ませない」をモットーに、お客様のお悩みや理想のイメージをしっかりと共有・共感してから、改善策のご提案し、施術させて頂いております。

小顔リンパヘッドスパ・髪質改善トリートメントは特に力を入れておりますので、髪の毛のパサパサにお悩みであれば是非一度ご相談ください。
貴方だけのホームケアの方法、使用量、スタイリングの方法なども的確にお伝えさせて頂きます。

その日その場限りの仕上がりの良し悪しだけではなく、生涯任せていただける関係を目指し、精一杯サポートさせて頂きます。

綺麗な美髪へのお手伝いができたら幸いです。

長文を最後まで御覧頂き、誠にありがとうございました。 

 

カテゴリー

アーカイブ