Case

縮毛矯正とショートヘアの相性はどうでしょう?失敗しないための注意点は?カットライン選びはとっても大事です。

2020.07.30

こんにちは、竹田です。

毎日暑いですねー、もう時期梅雨明けかと思いますが、湿度の高いこの夏にマスクの日々・・・苦しい。

少しでもスッキリと過ごしたいと思う今日この頃です。

 

今日のお客様は20代の学生さんです。

嬉しいことに、ホームページを見てこんなにしっかりしたわかりやすいホームページは初めて!是非このサロンに行ってみたい、このサロンで縮毛矯正をしてもらいたいと、遠方から電車を乗り継いで来店して下さいました。コロナ感染など考えると、出来れば電車に乗りたくないなーと思いますが、この美容室に行きたいと思ったら距離は関係ありませんと・・・感動です‼︎

 

お客様の求める事

2ヶ月前に他店で縮毛矯正とカットをしたのですが、ウルフ風にカットし、その際大分セニングしたようで、薄くなったネープにうねりが残り、跳ねてしまいます。これは縮毛矯正が失敗しているのではと思ってしまいます。

自分で毎朝スタイリングしても思うようにならず、このままは嫌なのでこの先どうしたらいいんだろうとスタイルチェンジも考えています。

ボブスタイルにしてみようと思うけど、それまでの間手がかからないようにしたい。

とってもストレートな意見です。

ここで、縮毛矯正とショートヘアの相性はどうなのか?髪の長さはどう影響するのか?メリットとデメリットをあげてみます。

 

  メリット

毛先の傷みはロングと比べ蓄積しない。

ボリュームを抑えられる。

アレンジも出来る。

  デメリット

伸びてくるとクセの影響が出やすいので縮毛矯正の頻度が高まる。

失敗するとツンツンしてしまう。

伸びてくると根元のうねりが毛先のストレートに影響を与えまとまりずらくなる。

 

スタイルを選ぶ時は、メリット or デメリットを踏まえて良く考えましょう。

 

髪の状態を良く見てみます。

ネープ部分に大きなうねりが出ていますねー確かに襟足の落ち着きが悪いようです。

トップの長さを残したウルフ風ヘア、ちょうどくびれる位置から下のクセが出ているので襟足が跳ねやすくなってしまいます。

ボブスタイルにしてみようかというお気持ちがあるので、今回は縮毛矯正をしたのち、スタイルチェンジをお勧めしてみました。乾かすだけで済むスタイルにしたいとのご希望を叶えて差し上げたいと思います。

 

縮毛矯正をします。 

髪はとてもしっかりしているので、全体を矯正していきたいと思います。

ただ全体を考えた時誰もがトップの髪とネープの髪は、全く同じ状態ではありません。頭頂部、表面の毛髪は外気にさらされ紫外線の影響なども受けていますので、今回は使う薬剤を変えるのではなく、時間差をつけて薬剤塗布させて頂きます。

 

薬剤塗布します。

シャンプーしたのち前処理剤をつけます(ケラチンタンパク質とCMC保湿成分)

 

1剤塗布です。

この1剤は潤い成分を毛髪深部まで浸透させ、熱伝導率を高め毛髪深部からクセを伸ばします。

耳ラインから下のネープに薬剤を塗布して5分放置、その後残り全体に薬剤を塗布していきます。

あとは、チェックをしながら髪の軟化具合を見ていきます。

10分→10分→5分

髪がしっかり軟化した事を確認!

 

1剤を流します。

中間処理剤塗布

アルカリに傾いた毛髪を中和し、ダメージを受けた髪を補修し保護します。 

処理剤の後水洗します。

1.5剤塗布

毛髪補修成分

この後使用するドライヤー、ヘアアイロンなどの熱により毛髪と反応、結合して補修してくれます。

ドライ・ヘアアイロンを入れます。

ドライヤーで80%ドライ後、アイロンで圧をかけないようにスルーします。ナチュラルなラインを忘れないことがポイントです。

2剤塗布します。

美しく上質なツヤ感を与えてくれます。「輝き成分」として真珠貝から抽出したパールPPTと、アプリコット種子オイルが入っています。

5分放置し水洗します。

後処理剤塗布。

グルコン酸銅+グルコン酸亜鉛が、施術後の残臭を除去してくれます。

一度水洗します

最後にキューティクルを補修してくれるCMC(保湿成分)を揉み込んでなじませ洗い流します。

 

ここからがアクシス新メニュー

髪質改善トリートメントをプラスします。

4種類のトリートメントをしっかりと入れていきます。髪の内部には弾力や柔らかさを与え、外部にはサラサラ感やしっとり感を与えます。

約20分で髪1本1本を包み込んで美しい髪へと導きます。

これまでにない仕上がりです。

カットします。

現在のスタイルはウルフ風レイヤー。

トップの長さがある程度あるので、くびれヘアともいいます。

クセがある方は縮毛矯正した場合、施術から少し日が経ち髪が伸びてくるとクセの影響が毛先にも伝わります。さらにくびれ付近にトップの髪の重さが重なり、ネープの髪はセニングも入っていることもあり根元のクセの影響は更にあちこちに跳ねてしまうという結果を生みます。

ショートヘアの場合、ロングヘアよりもクセの影響が強く出ることを考えると、あまりレイヤースタイルはおすすめしません。

今回も、このスタイルですと1〜2週間経つとハンドブローで仕上げた場合、衿足の髪は落ち着きがなくなると思います。縮毛矯正とショートヘアの相性は、悪いというわけではなく慎重にスタイルを選ぶべきといえます。

お客様の希望にありますように、乾かすだけですむスタイルにしていきたいと思います。

この先、ボブにしていくことを考えてネープの髪は衿足ギリギリの長さに思いきってカットさせて頂きました。

まだラインは丸みがありますが、これがボブになるいち番の早道です。

とても綺麗に落ち着きました。

お客様の声。

すごい‼︎  おちつきました‼︎

今日から手入れが楽になります!よかった。これならすぐボブになりますねー。

私にとって、なによりの言葉です!

 

最後に

縮毛矯正と言っても、ただ髪が真っ直ぐになればそれで良しということではありません。

髪を傷めず、自然に、そして自分でスタイリングが上手に出来ることは、とても大切だと思います。サロンでな仕上がりに満足するだけではなく、その先の日々を想定して施術しなくてはと考えます。

 

とにかく今回、遠方から是非このサロンにとアクシスを選んでくださったお客様のご希望と期待に応えたいと思いました。

アクシススタッフは、常にこんな気持ちでお客様と向き合っています。

 

カテゴリー

アーカイブ