Case

紫外線で髪の毛がパサパサ/バサバサ…紫外線ダメージで傷んだ髪のアフターケア対策法を解説【世田谷区千歳烏山 HAIR AXCIS】

2020.10.01

こんにちは!

学生の頃は、

紫外線を、たっぷり浴びて真っ黒でした!

殿岡です。

今思えば、恐ろしいことをしてましたね…。

紫外線は、ビタミンDを生成するという大切な役割もありますが、

ダイレクトに浴びてしまうと、

思いもよらないことになってしまいます。

 

今回は、夏が終わって

気がついたら

髪がバサバサ!

ゴワゴワ!

綺麗にカラーリングしたのに、色褪せがヒドイ!

と、

感じていらっしゃる方へのアフターケアの

方法について、書かせていただきます。

 

髪も日焼けをするの?

髪は、全身の中で一番紫外線の当たる場所です。

顔の倍以上もの紫外線ダメージを受けているといわれております。

にもかかわらず、

顔や体には、しっかりと日焼け止めを塗り、

紫外線を浴びた後は、

たっぷり塗った日焼け止めを落とす為に

しっかりとクレンジングをして、

保湿効果のあるローションとクリームで、

アフターケアを欠かさずされてますよね!

是非、髪にも同じことをしてほしいのです!!

 

紫外線ダメージによる髪の毛の影響とダメージ原因

紫外線を吸収すると、毛髪内のケラチンタンパク質が酸化、変化します。

ダメージが酷くなると毛髪内部が空洞化したり、

内部の結合がきれたり、髪を保護するキューティクルが傷つき

ダメージが促進されます。

 

髪内部のタンパク質が破壊されると

キューティクルの接着剤の役割をしているMEAという、

髪のしなやかさ、指通りの良さ艶に必要な物質が壊れ、

切れ毛や枝毛、艶感、質感の低下

髪の中から水分や栄養が流出し、

乾燥、パサつきの原因になります。

 

紫外線ダメージによる髪の毛への影響「カラー毛への影響」

紫外線が髪色の元となるメラニンや、

ヘアカラーの色素を壊し、変色、褪色させます。

繰り返しカラーをしている髪は、

バージン毛よりもメラニン色素が少ない為、

より紫外線の影響を受けやすくなっています。

特にブリーチをした髪は、色素がかなり薄い為、

紫外線の影響を受けやすいのです。

 

 

紫外線でダメージを受けた髪の毛をアフターケアする方法は!?

ズバリ!
アフターケアのポイントは2つ
1.清潔な頭皮環境を保つこと!
2.髪の補修・保湿を徹底すること!

 

下記より詳しくそのアフターケアの方法をご紹介いたします。

 

1.ホームケアでのお手入れ方法

気軽にできる、ご自宅でのお手入れ方法です。

 

頭皮のお手入れ

髪と同時に頭皮もダメージ受けています。

頭皮も乾燥し、硬くなり、血行不良をおこし、

頭皮のトラブルだけではなく、お顔のたるみシワにも影響してきます。

頭皮用のトリートメントや、ローションなどを用いて、

頭皮を優しくマッサージして、血行を促進してあげましょう。

頭皮の状態を良くして、抜け毛やフケなどの頭皮トラブルの発生を抑えて、

お顔に影響を及ぼさないようにしましょう。

 

髪のお手入れ

傷んでしまった髪はトリートメントで補修。

イオン吸着型のトリートメントがオススメです。

プラスとマイナスが合致すると、簡単には離れることはないので、

時間を置くこともないですし、しっかり流して大丈夫なのです。

ダメージを受けた髪の表面は、ダメージホールという穴が空き、

このダメージ部分から毛髪内部の間充物質が流出します。

キューティクルはダメージを受けると、マイナスに帯電します。

そこに、プラスに帯電した、キューテイクルの接着剤の役割をしている18ーMEAと呼ばれる成分が、ダメージホールのマイナスに引き寄せられて、ダメージを修復し、キューティクルが補強されます。

ダメージホールが修復されると、髪の毛表面のざらつきがなくなり、

手触り良く、なめらかな髪に仕上がります。

 

アウトバストリートメントも有効!

インバスで、しっかりケアした後は、

洗い流さないトリートメンをつけてからドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

根元をしっかりと乾かし、

中間から毛先に向かって乾かしていきます。

乱暴に乾かさないようにしてくださいね。

濡れている状態はキューティクルもまだ不安定な状態です。

せっかくケアしたのに、ここで乱暴に扱ってはムダになってしまいます。

髪を手ぐしで通しながら優しく乾かしてください。

乾いたら、ドライヤーの冷風で、キューティクルを締めましょう。

ツヤがでます!

最後にワンプッシュ、洗い流さないトリートメントを全体に馴染ませて完成です。

 

2.サロンケアで夏の疲れを取る「ヘッドスパ&髪質改善トリートメント」

紫外線を浴びて、頭皮も髪もボロボロ…

ホームケアでは限界があるし…

自分では手に負えません。

と、思っている方は、サロンでプロのスペシャルケアを受けるのが絶対オススメです!

 

至福のヘッドマッサージ「頭皮改善」

紫外線によって硬くなってしまった頭皮、

古い角質が蓄積された頭皮は、

バリア機能が低下し、頭皮の荒れや乾燥を引き起こし、美しい髪の成長に悪影響を与えてしまいます。

更に、頭皮とお顔は皮一枚で繋がっており、

頭皮のカサカサを放置してしまうと、

お顔のシワやたるみの原因になってしまいます。

頭皮の状態に合わせたスクラブを使用してディープクレンジングを行い、

毛穴の汚れや古い角質を取り除きます。

スクラブの中には、お好みのエッセンシャルオイルを混ぜ、

頭皮に潤いを与え、保湿します。

 

リフトアップマッサージをしながら頭皮全体の筋肉をほぐした後は、

頭皮のリンパや筋肉に沿って指圧と揉みほぐしを行い、血流を促し頭部の筋肉の凝りを取り除きながら、リラクゼーション効果を高めます。

 

頭皮の生まれ変わりをサポートし、

美しい髪を育む頭皮環境へ導きます。

 

美髪が持続する超濃厚サロントリートメント「髪質改善」で紫外線ダメージケア

頭皮をケアした後は、空洞化してバサバサになってしまった髪をケアします。

キューティクルも剥がれ、内部の栄養成分も流れ出てしまった髪には、

内側から補修し保護する事が必要です。

メドゥフォームという植物から抽出された植物由来のオイルを主成分とした、4種類のサロン専用のトリートメント剤を使用して、髪の内部を補修、保護し、キューテイクルが剥がれ荒れた髪表面を整えて、キューティクル保護皮膜を形成します。

髪の内部から潤った髪は、

しなやかさとツヤを取り戻して、

手触りの良い美髪になれます。

施術事例1

【施術後】内部外部から蘇った髪質

【施術後】内部外部から蘇った髪質

 

紫外線などによるダメージヘア

【施術前】紫外線などによるダメージヘア

さっきまで、

紫外線で荒れてバサバサ、ガサガサの髪が嘘のようです。

 

サロンでプロのケアを受けると

髪も頭皮も生まれ変わり、

気持ちもリフレッシュできます。

夏のダメージを放置して、

秋に抜け毛や、切れ毛などのトラブルを引き起こさない為にも

プロのケアを受けることを、おすすめします。

 

施術事例2

髪が潤い、芯の通った輝き

【施術後】たっぷり栄養を補給!美髪にチェンジ

 

毛先のパサつき、乾燥毛

【施術前】ダメージが気になる髪の毛

 

来年、紫外線ダメージから髪を守る為のマメ知識

  • 紫外線の強い月

3月から紫外線量が増え始め、5月〜8月が一番紫外線が強い時期と言われてます。

 

  • 紫外線の多い時間

夏時期の1日の中で、午前10時〜午後2時

1日の紫外線量の60%がこの時間に降り注いでます。

 

  • 天候による紫外線量

快晴 100%

晴れ 98%〜90%

薄曇り 80%

曇り 60%

雨 30%

 

曇っていても、雨でも、紫外線は降り注いでいるんですね…

 

こんなことを頭の片隅に入れておいていただけると

早めの対策ができますね!

 

お肌と同様に

髪にも日焼け止めを塗って、

日傘や帽子で、紫外線から髪と頭皮を守りましょう。

 

日々、丁寧なシャンプーと、トリートメントでケアをして、

頭皮のケアも忘れずに!

 

美髪は一日にして成らず!

日々のケアが大切です。

 

 

 

うっかり、髪の紫外線対策ができてなく、

困っていた方。

まだ間に合います!

レッツ!

アフターサンケア!!

 

 

カテゴリー

アーカイブ