Case

清潔感のあるイケてるメンズは髪のメンテナンスを欠かさない!メンズは美容室へ1か月半に足を運ぶとすべてが変わっていく!?【千歳烏山】

2021.07.13

皆さんこんにちは♪

AXCISの村山です♪

<メンズの方にお聞きします。皆さんはどのくらいの頻度で髪を切りますか?>

20日?1か月?1か月半?3か月?

時々稀に「半年!!」なんていう方もいらっしゃるかもしれませんが、オシャレや清潔感に気を遣うのであれば、1か月半が理想です。

もちろん髪の長さによって髪型の寿命って変わります。

<短ければ短いほど髪の寿命は短くなります。>

例として、腰まである長い髪のスーパーロング方の1センチと、地肌から1センチの長さのベリーベリーショートの方、同じ1センチですが、「印象としては大きな1センチ」ですよね?

たった1センチ、されど1センチです。

<人の今後の印象を決める重要な髪型>

髪は一か月で約1センチ伸びる、と言われています。もちろん人によってそのペースは若干変わります。

この1センチ伸びているか、切られているかで、第一印象も変わり、「清潔感がある・ない、綺麗・汚い、オシャレ・野暮ったい、細かなところまで気が利くんだろうな・家とかも汚いんだろうな・・・」と人はその人のイメージを勝手に進め、プライベート・ビジネス面でも確実に人との接し方に変化はあると思います。

事実、アメリカのイェール大学の発表で<髪型は性別や年齢の影響を受けない。

同じ人物を見ても、髪型を変えると「この人は違う人間なんだ!」と脳は同じ人物を別人のように認識している。>らしいです。

人の第一印象やイメージチェンジなど「その人の印象やイメージを大きく左右する髪型」はとても重要なのです。

ではその「印象を決める重要な髪型」「カッコイイ清潔感のある自分」を、キープするためには、髪の伸び具合からして、最低でも「1か月半に一度」は美容室に通う必要があります。

では何故美容室に「1か月半に一度」は美容室に通う必要があるのか?

「1か月半に通うメリット」をご紹介します。

<1か月半に美容室に通うメリット>

1 清潔感のあるカッコイイ自分を常に維持していられる

女性は特に敏感です。見ていないようでも本能的に見ています。何も言わなくても「あ、この人髪切ったな。いつも小まめにメンテナンスしているんだな。」と心の中では思っています。

2 旬のトレンドに合わせたさり気ない変化

「いつもと同じで」このオーダー、男性の方は多いです。確かに楽だし、事細かにいちいち説明するのも面倒です。ただ時代は変わっていきます。いつもと同じ短さでも、少しトレンドをMIXしてあげると、ずっと昔の古臭い髪型から、いきなりトレンディな旬な髪型へ変わります。

オーダーの時に「いつもくらいで。少し今っぽく」と一言加えるだけでもあなたのイメージはさりげなく変わり、周りの評価は激変しますよ。

3 髪や地肌の変化に気づける→最悪の事態を避けられる。

1か月半に一度通うと髪や頭皮の変化に美容師さんは気づきます。

「髪が細くなってきた、頭皮が硬くなっている、薄毛の予兆が出てきた、白髪が増えた、頭皮に湿疹が出ている、円形脱毛症になっている、最近お疲れだな・・・など。」

身体は敏感です。心は声を出さないと伝えられませんが、身体のことは身体から信号が出ます。

一か月半=45日であれば、その万が一その信号が出た後、早めに気づくことが出来ます。

若干ナイーブな内容、伝えづらい・聞きたくない内容もあるかもしれませんが、お客様の髪や頭皮に責任を持ってくれている美容師さんなら、それとなく伝えてくれるはず。

早めに気づけたら、予防ならいくらでも出来ます。予防法も対策もご案内します。しかし薄毛・白髪・脱毛など、もう事が起きてしまったら、それを解決するのは急激に難しくなります。
予防・対策に比べ、時間もコストも被害も大きくかかることになります。

病気も仕事のプロジェクトもそうですよね?トラブルは早期発見・早期治療が大切になってきます。

以上3点が「1か月半に美容室に通うメリット」でした。

ではここで事例のお客様」をご紹介致します。

<今回のお客様 20代 男性>

ビフォー

毛量が多く、髪もしっかりしているため、髪が伸びてくると顔周りの横が膨らみ、トップも重たくなり髪が潰れてきて、襟足もモサモサしてきて野暮ったくなってきます。

さらに襟足に生え癖があり、伸びてくるとそこだけハネたり、髪型としてセットがしづらくなり、最終的に2,3か月放置したらスタイリング剤をつけても決まりづらくなるので、つけなくもなってくる。

これは負のスパイラルですね。清潔感のあるイケてる男性には程遠くなってしまいます。

AXCISからのご提案

このお客様は襟足や顔周りはさっぱり刈り上げましょう。

やはり清潔感を出すには短い部分は必須です。

左襟足のクセも、出ないくらい切り込み、サイドは2ブロックにしてメリハリをつけ、動きを出しやすくします。

お肌も綺麗なので、前髪のセンターは立ち上がりやすくカットし、お顔を出しましょう。

ただ前髪の左右の端の部分は下ろしたり、流したりしやすいように、少し長めに残します。

あとは後頭部の骨格修正、ハチ周りを短く切り込み、トップの高さを出すようにして、毛束を作りやすいようにバランスをみながら、必要な所はしっかり量を減らして、メリハリをつけました。これでドライヤーも簡単に早く終わりますね♪スタイリング剤も少量で済みます♪♪

お仕上がりです。

アフター

ビフォー/アフター

だいぶ変わりましたね!

清潔感のある爽やかで旬のイケてる感じですね。

これをキープ出来れば、いつでも自信をもっていられますね♪♪

まとめ

もはや「男性が美容室に行く」というのは当たり前になってきました。

僕自身、美容師を目指したキッカケの一つは自分自身初めての美容室に行った高校一年生の時に「美容室で切ってもらうと、こんなに変われるんだ!もっと多くの男性が美容室に来てカッコよくなればいいのに!!」と思ったのは紛れもない事実です。

ですので「日本男児のカッコよさの平均値を底上げ!」をしたいのです!!

しかしメンズが美容室やエステサロンに行くのは少し「恥ずかしい」と感じている男性もまだまだいらっしゃると思います。

いきなり、みんながみんな「メンズのエステサロンに行く!」ほどではないにしろ、もっと日本男児の美意識の底上げ・周囲のメンズへの意識改革、美容室に行くとき家族に「髪の毛切ってくる」ではなく「カッコよくなってくる!」と家族に言ったら「また行くの?いいじゃない!カッコよくなってらっしゃい♪」というような風潮の日本の文化になれたらいいな!と考えております。

その第一歩が「メンズが美容室へ行く」→「小まめにメンテナンスに通う・自信がつく」

「化粧品やお肌・頭皮ケアの日常にも気を使い始める」

「メンズエステに通う始める」

「世界的にも人種を超え、日本男児は中身も外見もカッコイイ・渋い・綺麗でイケメンが多い国」になっていければいいなぁと思います。

ですので気軽にいらして下さい、気軽に何でもご相談下さい。

長文を最後まで御覧頂き、ありがとうございました。

カテゴリー

アーカイブ