Case

髪がパサパサ・バサバサなのは紫外線のせい?40代女性は特に注意!髪がパサつく、バサつく理由を徹底解説【千歳烏山】

2022.06.28

皆さんこんにちは♪

2022年は梅雨があったのかな?と思うくらい暑い日が続きますね。

熱中症や夏バテにも注意が必要ですが、日焼け対策は万全ですか?

お肌はバッチリ!でも、意外に「髪」と「頭皮」の紫外線対策は出来ていますか?

お肌と違い「髪は再生できない」のでしっかり紫外線対策・アフターケアをしておかないとパサパサ、バサバサし、まとまらない艶の無い残念な髪になってしまいます。

そして場合によっては今後のしたい髪型にも影響が・・・。

今回は「髪をパサパサ、バサバサにしない為の紫外線対策、予防からアフターケアまでを解説していきます。

まずは・・・。

何故、紫外線が「髪と頭皮」に悪いのか?


髪表面のキューティクルには「MEA(18-MEA/メチルエイコサン酸)」と呼ばれる、天然の油分のようなものが存在しています。これにより、なめらかな手触りを実現したり 髪の毛同士のもつれを防いでくれています。

しかしこのMEA、紫外線にとっても弱い存在なんです!

髪に紫外線を受けると、髪表面のMEAは次第に減っていき、キシキシ感やバサバサ感、引っかかりといった手触りの悪い、まとまらないパサパサな髪になってしまいます。

しかもこちらのMEA、先述しましたが一度失われたら戻りません! 新しい髪が伸び、生えかわるまで指通りの悪いパサパサ髪で過ごすことになってしまいます。

さらに紫外線は髪と頭皮に乾燥とヘアカラーの退色をもたらします。

乾燥した髪は水分や色素をを保持できず、ヘアカラーが退色し、よりパサパサした髪に見えますし、日に当たっている表面の髪だけが明るくなってしまい、表面だけ明るく、内側が暗めのような髪色か、毛先のみ明るくなりすぎている髪型になってしまいます。

頭皮にも紫外線による日焼けの影響は大きいです。

日焼けにより硬くなった頭皮は、まるで干からびた畑。そんな土壌で、健康な髪は生えるはずも無く…ゆくゆくは抜け毛や薄毛、白髪の目立つ老け髪になってしまうことも!特に分け目やつむじ周辺は日焼けしやすく、そこだけ地肌が乾燥し硬くなり、血行が悪くなって薄毛・白髪の原因にもなってしまいます。

「秋に抜け毛が多い」とよく聞きますが、その原因は夏の日焼けによるものが多いと思います。

さらに、肌が日焼けした時と同じで、頭皮と一枚皮がつながっている顔から全身まで 乾燥によるシワ・シミ・たるみなどの原因にもなります。

髪(頭)は身体で一番高い位置にあります。髪への紫外線は顔の5倍(!!)とも言われています。

こう聞くと紫外線は怖いですよね・・・。

ではここからパサパサ・バサバサ髪へならないよう紫外線への予防・対策をお伝えします。

紫外線から髪を守るため、3つのポイント 

1 外出時はUVスプレーと帽子で予防する

2 分け目を定期的に変えてみる

3 夜は「寝ながら美容」でアフターケア

この3つのポイントを心がけるだけで紫外線から髪へのダメージが減り、今の髪と頭皮を守り、今後新しく生えてくる髪を美髪へと導いてくれますよ。4

1 外出時はUVスプレーと帽子で予防する

  
一番の紫外線対策は、紫外線自体をシャットアウトすることです。

ツバの広い帽子を被ることは勿論、日焼け止めUVカットスプレーを髪にもスプレーことで、髪へ紫外線を届きづらくすることができます。

帽子だけだとはみ出た髪や、下からの照り返しで届く紫外線を防止しきれないため、UVカットスプレーと併用するのがおすすめです。

髪だけでなく、頭皮は髪が元気に生えてくるための土台です。

ここがダメージを受けてしまうと、元気な髪も生えようがなくなってしまいます。

そうならないためにも、頭皮の紫外線対策もばっちりできる頭皮や全身にも使えるUVスプレーを選ぶのがポイントです。

UVスプレーをするときは15cmほど離し、髪全体にふりかけます。頭頂部や分け目に念入りにふりかけてあげると良いでしょう。

UVスプレーの良いところはミルクやジェルと違い、塗り直しが簡単な点です。

定期的に2、3時間おきにスプレーしてあげましょう。

AXCISでも髪だけでなく、全身に使えるオススメのUVスプレーをご用意しております。

2 分け目を定期的に変えてみる

頭皮の中で一番ダメージを受けやすいのは、無防備な分け目です.

紫外線から直接ダメージを受け、分け目をずっと変えないという事は、常に同じ部分へのダメージが続くという事です。

これを繰り返していると、分け目部分は頭皮が日焼け・炎症し、新しく生えてくる髪にも元気がなくなり、分け目が薄い印象になってしまいます。

分け目のダメージ蓄積を避けるためにはUVカットスプレーも有効ですが、最も簡単なケアは分け目を定期的に変えることです。

定期的に変えることでダメージを負った頭皮は十分休むことが出来ます。

もしあまり分け目を変えたくない方は、いつもの1cm横に変えるだけでも良いので、ぜひ試してみてください。

分け目を変えるときはシャンプー後、ドライヤー前に「分け目を変える」という意識をもって乾かすと、乾いた後も「分け目がいつもの場所に戻っちゃった」ということもありませんよ。

詳しくは次のポイントでご説明します。

 

3 夜は「寝ながら美容」でアフターケア

どんなにケアをしていても予想外の外出や急なことでUVスプレーや帽子を被れなかったりすることはありますよね。

そんな時は受けてしまった紫外線のダメージを中和してあげましょう。

夜のシャンプーはしっかり濡らし、今の自分の髪や頭皮に合っているシャンプーで優しくいたわりながら、頭皮をヘッドスパするように地肌中心に洗ってあげてください。

洗浄力が強すぎないもの→石油系・高級アルコール系はNG
保湿力の高いアミノ酸が入っているもの
がオススメです!

勿論お風呂場でトリートメントもしてあげて下さい。

そしてここで「寝ながら美容」を可能にするのが、この後ご紹介する、ドライヤー前に使う洗い流さないトリートメントです。

ケラスターゼの「ナイトセラム」「セラム シカニュイ」

この二つの良いところは

「ナイトセラム」

・毎日のシャンプー後のドライヤー等による230度までの熱から髪を守ります。
・夜、寝ている間にセラムが髪にじっくりと作用。室内のエアコンなどによる乾燥から髪を守り、パサパサ・バサバサ髪からうるおいのある髪に導きます。
・髪表面をコーティングすることで、髪表面の摩擦を軽減し、なめらかな髪に導きます。
・髪の広がりを防ぎ、寝ぐせを感じにくい、まとまりのある髪へ導きます。朝スタイリングしやすいなめらかな髪をキープ。

公式サイトはこちら


「セラム シカニュイ」

ケラスターゼ初。ヒアルロン酸*配合の髪の夜用集中美容液
寝ている間にケア。カラーヘアのための夜用美容液。
ヒアルロン酸Na*¹ + エーデルワイスフラワー*²


・ 寝ている間の髪の摩擦・乾燥から保護。朝スタイリングしやすいまとまりのある髪へ。
・ 枝毛をコーティングし、ダメージを集中補修。
・ 髪の繊維を柔らかくし、パサパサ・バサバサ髪を保湿・保護する。

公式サイトはこちら

通常のオイルやミルク、クリームだと、「熱から髪を守る」「スタイリングの仕上がりを綺麗にする」などが主な役割の為、この二点のように 髪の内部に補修やケアをしてくれるものがほとんどありませんでした。

しかしこの製品たちは「寝ながら美容」を可能にしてくれる為、紫外線からのアフターケアには最適です。

髪を早く・効率よく分け目を変えて乾かすには

【タオルドライがすごく重要です!】
1 タオルで根元付近の水分をしっかりとります
乱暴に強くゴシゴシ拭くのはNGです。あくまで優しく、濡れている時髪は裸の状態。特に痛みやすい状態でもあります。
タオル越しに頭皮を揉む、マッサージするような感じで優しく水分をとって下さい。

ここをしっかりしてあげると、ドライヤーの時間が5分~10分は変わりますよ!

その後は毛先も同様に優しく水分をとります。

2 ナイトセラムorセラムシカニュイを3~5プッシュ手に出し、髪表面からつけしっかり伸ばします。櫛でコーミングもおススメです。

3 あまり近くからドライヤーの風をあてない!
頭皮も熱いし、髪や頭皮への乾燥にも繋がります。ドライヤーを持った腕を伸ばし、手首を振るようにドライヤーの風を前後左右様々な方向から当ててあげて下さい。

4 前髪や分け目→根本を最初に乾かします。
前髪や分け目はは弱風で、最初に。
「髪型はその人の印象の7割、前髪はさらにそのうちの7割を決める」と言われています。
特に前髪や生え際は生え癖やクセの出やすいポイントで、乾いた後では修正しづらい箇所なので、最優先に乾かしたいところです。

5 根本→毛先と乾かしたら最後の仕上げは冷風モードを使いましょう。
全体の根元が乾いてきたら、根元付近の髪を指で挟み、ドライヤーとセットで挟んだ髪を伸ばすように、毛先まで軽く引っ張ってあげて下さい。

「髪は熱を与えるとクセや形がつき、冷えると固まる」という習性があるので、最後は髪の余熱が冷めるくらいまで、ドライヤーを上から弱風で冷ますと、髪の表面のキューティクルが収まり、パサつきがおさまり、艶がでますよ!

ちなみに自然乾燥は髪に含まれる水分が逃げてしまうのでパサパサ改善したい方はNGです!ドライヤー必須です。

さらに根元に菌が繁殖して、頭皮臭の原因になったりもします。

パサパサ・バサバサ髪を防ぐ紫外線対策と予防・アフターケアは女性には必須

いかがでしたか?

紫外線の怖ろしさと対策について書かせて頂きましたが、女性の方では30歳になると、髪の成長のピークを越え、あとは弱く・細くなってきます。

髪のツヤや潤いを保つ重要な保湿成分「セラミド」は、40代になると20代の半分以下にまで減少してしまいます。

何もしないとパサパサ・バサバサ髪になってしまいます。

ですので、防いだり、出来る事はして頂くと全然結果は変わってきます。

一つ一つ積み上げることは大変ですが、結果は確実に帰ってくると思います。

紫外線対策・予防・アフターケアをしてツヤツヤサラサラの美髪を目指しましょう♪

カテゴリー

アーカイブ