Case

縮毛矯正を傷めずに継続する方法!自然でナチュラルなストレートになる!定期的な縮毛矯正リタッチのメリット教えます♪

2020.02.25

皆様、こんにちは(^-^)/

襟足や、前髪が浮いてしまうのが悩みの殿岡です。

 

突然ですが、

日本人の、くせ毛の人の割合って、

ご存知でしょうか?

 

日本人は直毛が多いと言われることもありますが、

およそ、日本人の70%がくせ毛と言われております。

 

くせの強弱や、毛髪自体のくせ、生えぐせがある方、

くせは人それぞれですが、

何らかのくせで、お悩みの方がたくさんいらっしゃいます。

 

このようなお悩みありませんか?

  • 今まで縮毛矯正をかけ続けているけど、満足されてない方
  • 一度かけたことあるけど、くせが伸びていなかった方
  • 部分的なくせが気になる方
  • 縮毛矯正してみたいと、気になっている方

 

是非、一度アクシスのナチュラルでサラサラが持続する

縮毛矯正をお試しください!

 

 

40代のお客様の事例【部分的な縮毛でお悩みの常連様】

ご来店時の状態です。

一見、少しくせ毛かなぁ?

と、いう程度なのですが、

内側をみると、

強いカーブが出ていらっしゃいます。

 

こちらのお客様は、3,5ヶ月のペースで

縮毛矯正を、かけていらっしゃいます。

 

余談ですが…

髪の毛は、個人差がありますが、1ヶ月におよそ1㎝伸びると言われております。

縮毛矯正の薬剤は、根元から1㎝あけたところから塗布しますので、3〜4ヶ月経ちますと、新生部の地毛の部分が約4〜5㎝出ております。

そうなると、クセ毛も気になりはじめてしまいますね。

 

現状のお客様のお悩み

表面は、くせがそんなに強くないのでもう少し

してからでも平気かなと思うのですが…

内側のくせが強いのです。

こうなってくると、根元の膨らみも出てきますし、

毛先も落ち着きません。

お客様ご自身も、ブローが大変になってくるそうです。

 

アクシスの提案-縮毛矯正リタッチ施術!

定期的に縮毛矯正をされてますので、

今回は、伸びてくせが出ている部分の

縮毛矯正のリタッチをさせていただきました。

縮毛矯正リタッチのメリットをご紹介

  • 伸びている部分だけなので、毛先を傷めない
  • コスパが良い
  • 予算が残ったのでトリートメントしちゃおう♪

 

定期的に縮毛矯正されている方は、

前回の縮毛矯正の施術から4ヶ月以内でしたら

リタッチ施術が可能です。

アクシスでは、

縮毛矯正全体       ¥13200

縮毛矯正リタッチ ¥11000

で、させていただいておりますので

全体に比べてリタッチの施術は、¥2000もお得です♪

傷ませず綺麗なストレートヘアを維持する為に、

定期的な縮毛矯正のリタッチをオススメしてます。

 

縮毛矯正リタッチはなぜ?4カ月なのか?

先程も、少しご説明させていただいたのですが、

髪の毛は、1カ月に約1㎝伸びると言われております。

根元から1剤をつけてしまうと、根元から髪が折れてしまい、

断毛の原因となるため、根元から1㎝あけて縮毛矯正をかけます。

そうすると、

4カ月経つ頃には、ご自身の健康なくせ毛が5㎝

出てきてしまいます。

想像して見てください。

根元から健康なくせ毛がモコモコと5㎝も伸びていたら…。

ストレートにしたくなりますよね!

なので、アクシスでは縮毛矯正のリタッチは、

4カ月となっております。

 

それでは縮毛矯正リタッチ施術の行程をご紹介します!

  1. 髪の毛の状態、履歴を詳しく問診、触診
  2. 髪に合った薬剤を選定
  3. ダメージ度合いなど、必要に応じて前処理剤を塗布
  4. 1剤を塗布し、くせ毛の原因となる組織を分解
  5. 軟化チェック(薬剤が浸透したか確認)
  6. シャンプー台で1剤を流す
  7. ブロー&ストレートアイロンで伸ばす
  8. 2剤を塗布、1剤によって分解された組織をまっすぐな状態にして再結合
  9. ケアシャンプー&トリートメント
  10. 仕上げ
  11. 所要時間 およそ2~2,5時間

 

部分的な縮毛の方の施術上の注目ポイント1

この方のように、

部分でくせの強さが違う場合、
内側だけ先に薬剤を塗布し、
少しお時間をおいて薬剤を浸透させます。

その後、全頭に塗布し、薬剤を浸透させます。

 

部分的な縮毛の方の施術上の注目ポイント2

髪質にもよりますが、
5~10分後には、1剤を、流します。

浸透性のオイルが配合されているので、

薬剤の作用が早いのが特徴です。

 

 

施術工程をご紹介!

1剤を流した後の状態です。

この段階で、かなり落ち着いてますね!

内側のクセの強い部分も、このような状態です。

ご存知ですか??チリチリになり失敗する縮毛矯正にならないための最重要ポイント!

この1剤を流すタイミングです。

ちゃんと薬剤が浸透して、

毛髪内部の結合が切断されているか、

確認します。

早すぎると、くせが伸びません。

遅いと、髪がチリチリしてしまいます。

 

縮毛矯正をして、髪がチリついてしまった経験ございませんか?

毛髪のダメージに合わせずに強い薬剤を使用したり、薬剤が反応しすぎると、チリついてしまいます。

 

しかし!アクシスでは、そんなこんな事ありません‼

縮毛矯正は、強いクセ毛もストレートにできる、素晴らしい技術です。

その反面、一つでも間違えると

取り返しのつかないダメージを追ってしまう

とてもレベルの高い技術なのです。

経験豊富なスタイリストでないとできないのです。

 

そして、使用する薬剤も安価なものではダメージが強すぎます。

ただ伸ばすだけのハイパワーな薬剤ではなく、

ケア成分の配合された髪に優しい薬剤を

オーナー自ら、実際に体験し取り扱いを決めております。

 

髪の毛の事を心から思い、最少限のダメージで綺麗な髪の毛に

したいという思いを持ったスタイリストと、

安心して使える薬剤が、アクシスに存在しております。

 

 

【注目】縮毛矯正をお断りすることもある!?

10年以上の経験豊富なベテランスタイリストが、髪質に合わせた、薬剤を選び薬剤の反応を見ます。その時に、あまりに髪のダメージが強すぎて縮毛矯正ができない状態と判断した場合、施術をお断りする場合があります。

プロとしてお受けしたい気持ちではありますが、縮毛矯正をすることで髪のダメージが増えお客様が望む仕上がりが実現できないと想定できる場合になります。

ただし!!

いつ頃には縮毛矯正をかけられる状態になるのか?

それまで、どうすれば良いのか?

など誠心誠意スタイル提案をさせていただきます。

例えば…

髪質改善トリートメントや髪質改善専用ホームケアで髪の内部と外部を補修、保護し、キューティクル保護膜を形成する髪質再生プログラムで、髪のダメージでを修復する、ご提案などさせて頂きます。

髪質改善を行いながら、髪を保護+強化しながら染めるダメージレスなカラーなどもご用意しております。

必ず、ご希望の縮毛矯正ができるように段階を踏みながらご提案させていただきますので安心してご相談下さい。

 

 

1剤終了後の施術とは?アイロンワークへの思い

1剤を塗布終了後→シャンプー台でお流しした後は、

乾かしてアイロンで伸ばしていきます。

アイロンもかけすぎると、ダメージにつながってしまいます。

1剤を、流した段階でほぼストレートになっているので、

毛髪を変形させるようなアイロン作業は、しません。

ツヤが出るように、スルーっとアイロンします。

そうすることで、ダメージ少なく自然な仕上がりの

ストレートになるのです。

いっしょうけんめいにアイロンでグイグイ伸ばすと、

よく伸びているように思えるかもしれませんが、

実は全然違います。

アイロンは、最小限が鉄則です。
直に高熱を当てているので傷む要因になります。

プレスする事で丸い形状の髪をぺたんこにつぶしますと、

ツヤではなく、

妙なギラつきが出てしまいます。

そんなことは、しませんので安心してください。

 

最後に、2剤を塗布してストレートを定着させます。

 

施術終了!仕上がりはいかに♪♪♪

自然なストレートになりました!

 

内側を見て見ましょう。

キレイに伸びてますね♪

 

施術前がこちら

急カーブがストレートになりましたね。

 

お客様の感想

長年縮毛矯正をしてますが、今の縮毛矯正は、

時間が短いし、価格もリーズナブル。

そして、傷まないし、サラサラだし、見た目が自然!

と、お喜びいただいております。

 

まとめ

傷めず綺麗なストレートヘアを保つには、
縮毛矯正は、定期的なリタッチが基本です!

縮毛矯正のリタッチは、健康に伸びてきた元気なくせ毛を伸ばします。

一度かけた縮毛矯正部分は、

ストレートのまま存在してくれてますので、

毎回、毛先までかけなくていいのです!

だから、必要以上にダメージを与えません!

 

アクシスでは、髪を傷めないことをモットーに、

数ある薬剤の中から厳選した薬剤を使用し、

ベテランスタイリストがお客様それぞれに合わせて

カウンセリングのもと、最善を尽くして

スタイル作りをさせていただいております。

 

 

是非、一度お試しください(*^.^*)

 

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ